BLOG

ブログ

アドバイスの線引き

いい歳なので、それなりに経験を体験しているつもりではあります。
まだまだ青二才ではありますが、 井の中の蛙を発見すると、つい本音を口を出してしまう時があります。

若い芽をそのままそっとしておくか、肥料を与えるか考えます。
周囲へアドバイスを求めると、

「そっとして、またなにかあったらお願いします。でいいんじゃない?」と。

しかし、つい「若い芽、本気でやりたいなら同じような業界にいる人間として、一言言った方が!?」と、むくむく姉御肌が盛り上がります。

助言を素直に受け入れてくれる相手であれば、この先伸びしろがあり 、大きく化けることも。しかし、このまま受け入れることなくスルーされ、さらに反感や恨みを買うことにも。

結局、アドバイス通りに今後なにかあればお願いしますと。
保身へ走りました。

女性は、相談しているようでいて実は、「共感」だけしてほしい時があります。
よく男性が失敗する場面ですね。相談だからアドバイスしたら、逆に怒られたという。
実は、私も男性を同じ反応をすることが多い人間。

つい解決への糸口をさがしてしまって、何度も友人を拗ねられたことやら…。
アドバイスを求められていないのに、口出しすることは、ただのお節介!と肝に命じることにしました。

あまりアドバイスを求めすぎられて技術的なことからの「くれくれ星人」には、
さらに意地悪に接しますが…。

参考になるサイトを発見
https://happylifestyle.com/51


【ビジネスでタメになるツールを発信中!】
友だち追加

【カラーの日常でタメになる溢れ話発信中!】
 友だち追加

記事一覧

Michiko Kiryu -Turquoise Design

Turquoise Design 代表 広告代理店に9年勤めたのち、地元にもどり女性起業をバックアプしたい想いから独立。15年のノウハウで、企業と起業のブランディングからデザイン指導。...