の記事一覧

左がダメなら右も向いてみる
やりたいことを応援

左がダメなら右も向いてみる

事業興すことはゲームと似ている。 失敗しても挫折してもどう巻き返すか、試行錯誤を繰り返す。もし闇雲に進み過ぎたら、そこからマップを確認もしくは、自作してみる。もしくは、先駆者に尋ねてみる。 ※ウィザードリィを思い出しました(笑) お客様を振り向かせるためにありとあらゆること考え楽しむことが、「興す」醍醐味だ...

段取り八分
デザイナーの上手な使い方

段取り八分

何事にも「段取り八分」、8割が必要。確実に「成果」が輝いて見えるのは、裏で入念な準備があったからこそ。大きなところで主催するイベント、またはクライアントとの打ち合わせであっても、事前の下調べ・導線のイメージや相手のことを知ることも必要です。そして、実はチラシ作成においても「段取り」が大切。 内製化がすすむ昨...

こんな人に出会ったら
やりたいことを応援

こんな人に出会ったら

起業するといろんな方に出会います。 事業においての作法や人脈の作り方に尊敬できる方に目標にできる方。 または、反面教師や時には足を引っ張る方も… 事業をはじめると周りに必ずいる 「やめたほうがいいよー」 「本当にするとは、思わなかった」 安定の会社を辞めて起業するというと、こんな言葉が返ってくる方もいます。...

パートと起業は〇〇の近道
やりたいことを応援

パートと起業は〇〇の近道

今でこそ起業していますが、10年前会社に勤めていた時は、微塵も考えていませんでした。(ちょっと考えていたかな??(笑)) 起業の垣根の低さ ITの発達や自由な生き方、会社にいる意味を考える社会に傾いてきた今は、「起業」の垣根がとても低くなり、好きであることで稼ぐ=「起業」しようと思う方が増えてきました。 垣...

初心者なので
やりたいことを応援

初心者なので…

「初心者なので…」と枕詞つけたことありませんか? 事業を始めた時につけていた方もいるかもしれません。しかし、これはとても危険な言葉!「初心者なので、なにか不手際があっても勘弁してね〜」という意味合いと不安からきているので、つい言ってしまうこともあると思います。 事業はじめのころは、とても不安。そして、日本人...

顧客分析
やりたいことを応援

どんなタイプのお客様が多い?

サービス業でもなんでも事業においてBtoBでもBtoC問わずお客様は、不可欠。でも、自身のお客様は、どんなタイプのお客様が多いか答えられますか? 事業をはじめるときに、一番に考えるのは、どういうお客様にきてほしいか。これが「ペルソナモデル」といいます。 しかし、蓋をあけてみると…。 事業をはじめると忙しさに...

ツール貧乏
やりたいことを応援

目の前の落とし穴に!

そこにある落とし穴に気づいてますか? 私、ソフト・アプリ関係を使うのが得意なので、よく「○○の使い方講座やってくれませんか?!」とよく依頼されます。 そこで、たまに聞くのが「マインドや経営的な話はいいんです。ツールのココが知りたいんです!」。 これ、とても大きな落とし穴です。 まさに、テクニックを知っていれ...

砥石
ビジネスマインド

砥石がある意識をもつ

5年近く開業してますと、自身の腕にも「慣れ」がどうしてもでてきます。マンネリは、周囲にも伝わって新規やリピートにも繋がりません。 さて、カラーのお仕事をさせていただいていますが、さらにカラーのことを知ってほしい。もっとさらに!という思い、今一度基本を学びたいと思ったところ、ある大学の市民講座で「色彩」の講座...